シミウスの効果的な使い方を紹介!

一本で10の役割を果たすことができるといわれているホワイトニングリフトアップジェルのシミウスは、正しい使い方ができるかどうかにより、その効果は大きく違ってきます。

特にオールインワンであることから、それを知らずに使っていたら得られるものも得られなくなってしまいます。

そもそも女性に多く聞かれる肌の悩みとして、しわやシミ、くすみなどがあげられますが、これらの肌トラブルの根本の原因は乾燥によるものです。

加齢やストレスによりターンオーバーが遅くなることもありますが、肌が乾燥することでさらにタンオーバーは遅くなり、だんだんと美しいもっちりとした肌に生まれ変われなくなってしまいます。

これにより古い角質やメラニン色素が残って、しみが増えたりしわができるという悪循環に陥ることになります。

このためターンオーバーを促進するために重要なことは保湿ということがわかります。

シミウスにはしみを薄くすることが期待できる成分だけではなく、数多くの天然由来の保湿成分が配合されています。

しっかりと保湿することによって、ターンオーバーを促し、健康な肌の状態に導き、それに伴ってしみを薄くさせることが期待できる商品です。そのため使用する際にも保湿を意識することが大切です。

 

基本的な使い方は1日2回使うだけ

基本的な使い方は1日2回朝と夜に使用するとされています。

夜使う場合にはお風呂からあがった時に使うのが効果的と言えるでしょう。

お風呂に入った後はお風呂で体がしっかりと温まっているので血行もよい状態です。

また毛穴が開いているので成分を浸透しやすい状態となっています。

 

この状態のときは肌は無防備で、非常に乾燥しやすい状態なので、お風呂からあがったらすぐに、肌が乾燥する前にシミウスを塗ってマッサージを行うようにしましょう。

もちもちの肌が期待できるとともに、肌が引き締まる感じも実感することができるでしょう。

 

またパックとして使用することもできるので、パックをしながらおふろに入るのもお薦めの方法と言えます。

朝塗る場合には手だけでもしっかりと温めた状態で使うことをお勧めします。

 

使う量の目安としては、一度の使用量は付属のスパチュラで2杯分が目安となっています。

これはだいたい1gから2g相当に当たりますが、使う量は自分の肌の調子に合わせて調節してみると良いでしょう。

もしも乾燥が気になるのであれば目安よりも多めに、反対にべたつきが気になるのであれば目安よりも少なめに使うことをお勧めします。

しかしあまりにも使う量が少なければ、十分に成分が肌に行きわたらなくなってしまうので注意しましょう。

 

効果的な使い方として、乳液やクリームを使う方法が挙げられます。

基本的にシミウスはオールインワンジェルにあたることから、ほかのアイテムを使う必要はありません。

これ一本でケアをすることはできますが、肌の調子によっては保湿力が物足りないと感じることがあるでしょう。

乾燥が気になって保湿力をあげたいという場合には、シミウスを使った後に乳液やクリーム、美容液などを併用してみましょう。

これらのクリームがふたをすることになるのね、肌の水分が蒸発するのを防ぐことができるでしょう。

シミウスだけでももちろん肌の潤いを実感することはできるかもしれませんが、さらに潤いのある肌が期待できることでしょう。

そしてそして重ねづけをする方法もお薦めの使い方です。

気になる部分に重ねづけをすることによって、シワやハリの効果が期待できます。

またしみが気になる部分にも重ねづけをすることで、より効果が期待できるでしょう。

一度つけた分が肌にしっかりと浸透したのを確認したうえで、重ねづけをするのが効果的と言えます。

基本的な使い方を守るのはもちろんですが、効果的な使い方を覚えておけば、よりその効果を実感しやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です